2008年06月28日

no-title

苦しい

痛い










どうしたら楽になれる?
posted by mayu at 00:08| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

まちがえた 243

いっこ前の日記の通し番号(?)間違えた

正確には242だった

番号に意味はないんだけど

まぁ

今まで何回日記書いたかとか、一目で分かるよ

べんり。


…かな?





あ、
どうでもいい?


サーセンorz
posted by mayu at 19:58| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘密の… 241

昨日の晩から体調が優れない。
変なものとか食べてないけどなぁ…


おかげで、マイミク・ヨシキさんの【秘密のケンミンSHOW】の収録見に行けないー(>_<)ショック!!
あと10分ぐらいで始まるかな?



応援しとこ☆

しっかり弾けて来て下さい♪♪



クスン…
見たいょ〜(;_;)
posted by mayu at 19:50| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

Pleasure 241

先週、B'zの超ベストが発売されましたね♪
ビックカメラがすごい宣伝してました。CD売場ないのに(笑
ケータイショップの真横で【岡山が誇るアーティスト】ってキャッチコピーつけて、気合い入ってました☆☆


発売日の前日
B'z大好きな兄貴にパシられ、DVD付きの初回限定版を購入☆

一週間ずっと聴かされてます(^^)

おかげで仕事中、頭の中で曲が流れて大変です★


私はどちらかと言えば、最近の曲よりちょっと昔の曲が好き♪
『消えない虹』とか『夢見が丘』とか。もぅ10年以上前になりますね…時が経つのって本当に早い。


96年に発売されたライブビデオ【"BUZZ!!"】の『LOVE PHANTOM』は衝撃的でした(>ω<)

曲のラストで高さ約20bから地上へダイブ☆彡

かっこいいー!!

まだ見たことない人はyoutube等で一度見てみて♪♪男の人でもホレます(笑
posted by mayu at 21:20| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの寝顔 240

DVC00003_M.JPG
今月の17日で、愛猫ピンクが家にやってきて3年が経ちました(・∀・)


…3年も一緒にいるのに
相変わらず愛想悪いし
名前呼んだってニャーとも言わない。

だけど
ぉ父さんが呼んだ時だけちゃんと返事をします。


その態度の違いは何なのっ!!
いつもご飯あげて、ぉトイレの掃除してるの私なのに…


その、ふよふよしたヒゲ抜いてやりたい…っ






もちろん冗談です。




そんなピンクも、眠たくなると甘えてきます。
どうやら一人で寝るのは嫌いみたい。


ツンデレ?


普段の無愛想な姿からは想像できないぐらい、かわいい寝顔☆


思わず肉球に触る。

いたっ


ひっかかれた(笑
posted by mayu at 02:18| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

柩に白い華を 239

『柩』

柩に白い華を添えて
静かに眠る君にそっと接吻た
聞き慣れた僕を呼ぶ声
あの歌さえもう響かない


影を伸ばしながら
夕焼けの空を仰いで
風に揺られるように歩いてた
足跡を辿りながら
瞳に焼き付けた
二人で並んで見た景色

夜空に命散らす花火を背にして
微笑むその笑顔が今も
忘れられなくて
あの日見た夢の続きを映して
この眼に

冷たく刻む針の音が
孤独を纏い部屋を満たしていく
嘘じゃない夢じゃない
どんなに願っても戻らない


此処に残った体温だけが
ただ虚しく悲鳴をあげる
拭っても流れていく
風も涙も枯れることを知らない
誰かこの雨を止めて

時が過ぎて移り変わった
華やかな景色と
不釣り合いな黒の列
君を掠ってゆく
あの日見た夢の続きを燈して
この腕に


柩に白い華を添えて
静かに眠る君にそっと接吻た
聞き慣れた僕を呼ぶ声
あの歌さえもう響かない

分かってるはずなのに
認められなくて
苦しくて切なくて涙が溢れた
傍にいて髪を撫でて
たった一度でいいから
その声を聴かせて…
ただ逢いたくて





去年の秋に作った曲。
人前で披露したのは年末ライブだったかな。

現実にあった出来事を書いたわけじゃない。
ある小説を読んで、形にしてみたくて書いた。

特に深い意味もなく、楽曲の一つとして。




あの最後のライブでは演奏しなかったけど、準備中のSEで流してた。




それから僅か1ヶ月。

安易な気持ちで"別れ"を歌ったことへの罰か

突然突き付けられた現実。



固く瞳を閉ざしたままの
大切な友達
穏やかな表情で眠る彼の

柩に白い華を添えた





この歌を歌い続けていいのか

躊躇いが離れない。
posted by mayu at 05:40| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。